食文化の違い

英会話教室に通うようになってから、私の身の回りでいくつか変化した事柄があるのですが、その中の1つに食生活があります。外国人の先生方が、英会話のお教室で、授業中に噛んでいるガムも、その1つに入るのですが、皆さんは、シナモン味のガムを召し上がった事はありますか?英会話レッスンの間に、このシナモン味のガムを、先生方は多い時で、3枚ほど噛んでいます。独特な香りがして、日本ではみかけたことのない赤いパッケージに入った、シナモン味のガムです。お教室に通うようになって半年くらいした時でしたか、私が先生のガムのパッケージにみとれていた事に気づいたらしく、先生がおもむろに1枚ずつガムを教室の皆に配ってくれた事がありました。先生は、皆さんで味見をトライしてみて下さいと言うのですが、お教室の中には入れ歯をされたご高齢の生徒さんもいたので、私が恐縮していると、入れ歯をされたお婆様が、気を利かせて一番乗りで自分の口にガムを放り込んで「変わったお味。」と笑うので、皆でおそるおそる赤い包み紙のガムを口に入れてみました。最初は何かの衝撃が口の中いっぱいに広がって、辛いのか甘いのか分からないスパイスの味がやってきました。まさに変わったお味そのものです。私が、これまで生きてきた生涯の中で初めて食べたテイストそのものです。私にとっては衝撃的な味でした。皆がガムを口に含んだとたんに、「ひぇー。」だとか、「うぇー。」などの奇声を発したので、教壇の先生は、満面の笑みを浮かべて、「どうしたの?」と不思議そうに聞いてきました。私はお教室に通って、まだ半年ばかりで、クラスにやっと慣れてきたような時期でしたので、クラスの中で自分から発言をした事がなかったのですが、その時にはじめて皆さんと先生の前で、自分から英語で発言をした事を覚えています。「The first taste.」と私が先生に向かって、口の中を指差しながら言うと、先生は、うれしそうに「Really?」と返してくれました。私はその時、やっとクラスの皆が、新参者の私を受け入れてくれたように感じたのを今でも覚えています。シナモン味のガムは、米国では大変ポピュラーな、ガムで授業中に噛むガムの定番でもあるそうなのです。その時から、私は海外のお菓子に、興味をもつようになり、洋風な雑貨屋さんに行っては、様々な変わったお菓子を買い集めるようになりました。海外のお菓子は、本当に衝撃的な色や形をしていて、口に入れるまでに勇気が必要なのですが、いったんはまってしまうと、無償に食べたくなるものばかりでした。

シンプルな会話

英会話のほとんどは、基本的に、シンプルな文を羅列することで、成り立っているということを知っている人はあまり多くはありません。 Yes か、 No かで答えられる質問などがまさにそれにあたり、自分自身の意思を決定づける、根本的な返答というのは、はい、か、いいえ、なのです。

簡単に言ってしまえば、どちらかも言うことができずに、迷っているという状況が、英語を用いる社会では、大変良くないこととされており、日本人特有の曖昧な表現で、お茶を濁すというようなものは、英語にはほとんど存在しておらず、はっきりとイエスか、ノーかで答えるということが、重要になってきていると言えるでしょう。

国際社会では、曖昧な返答を求められることは、それほど多くなく、予定を決める際や、ビジネスの際などにも、基本的には、イエスか、ノーで明確に答えることが、非常に重要であるということは、より、多くの人が知るべきことであると、考えられます。

また、英会話というより、実践的な場面では、大学受験の英語などのように、ペーパーテストで成績をつけるということもなく、何よりも重要なのは、ボディランゲージ、つまり、非言語的な表現が英会話の多くを占めている、という事実は、あまり知られていません。ボディランゲージは、特に、その代表格とも言えます。

英会話がうまくなりたい

英会話学習のためのコストは費やせば費やすほど能力に結び付くとは限りません。何よりも大切なことは、まずスタート地点のご自身がどのような目的をもって英語学習にチャレンジするのかといったメソッドを整理してみることです。皆さんも母国語の日本語を話す時に、ご家族、ご友人、恋人、目上の人、職場の人など、その関係性やシチュエーションで会話に使う日本語が異なるように、英会話の中でも細かい使い分けが必要なはずです。ご自身がどのような英会話スキルを身に付けたいのかによって、お選びいただくレッスン方法は皆さん異なってくるはずです。ご自身が必要としている英会話の分野をきちんと把握しながら、必要なレッスンをセレクトすることが英会話の上達には必要不可欠な要素でもあります。

バイリンガルとの交流を通して

多言語を話せる方は世界中に数多くいらっしゃいます。私が面識をもった彼らの多くは第二言語をして、母国語の日本語以外を流暢に操ることができる人がほとんどでありました。彼らが語るところによりますと、一日のなかで第二言語を学ぶための時間を割くのではなく、第二言語を通じて学べる情報や知識を増やしていくようなイメージで身に付けたと言います。英会話の能力を高めるのであれば、英語圏の国々の情勢を調べてみることで、英語がイギリスやアメリカ以外の諸外国で使用されている現状を学べるのだと言います。英語力を伸ばすことではなく、その事柄に関する諸外国との関係性や歴史、経済状況などあらゆる事柄を掘り下げ広げるうちに、自然と第二言語の必要性を感覚的に感じ取り、自然と自ら学びはじめたのだそうです。実に興味深い話として自分自身の生活習慣を見直すきっかけとなりました。

英会話をカフェで学ぶ人々

外国人の友人が欲しいと考えていらっしゃる方におススメなのは、英会話カフェ。日本国内にあってもカフェの中での公用語は「英語」といった面白カフェなのですが、ドリンクチャージや時間制、月極めなどカフェオーナーによって料金システムが異なるようですので訪れる前に要チェックではありますが、英会話教室やオンラインレッスンとの違いは、時間に縛られずに気軽に参加できること、またオンラインなどのモニター越しの会話ではなくきちんと相手と対面する中で会話が出来ることなどがメリットであるように感じています。店舗によってはメニューにアルコールを含むバーなどもあり、リラックスした環境の中で楽しみながら英語を学ぶことができます。英会話教室などでホワイトボードや教科書を元にきちんとしたカリキュラムの中で英語を学びたいと考える人には、カフェによってはマンツーマンレッスンやグループレッスンをプライベートに行っている店舗もあるようですので、ご自身の目的に合わせたお店選びができます。何よりもカフェをプラットフォーム化することで会話を楽しむ雰囲気の中で、自然に英語力が伸びる感覚が個人的には気に入っています。

日本人が間違えやすい英語

母国語以外の言語を学んでいるとき、何度も間違えてしまう表現などがある人も少なくありません。正しい知識は持っているはずなのになぜ間違えてしまうのか、これは言語移転というパターンが影響しています。言語移転は、第二外国語を学んでいるときに起こる現象です。言語移転はそもそも2パターンあり、良い影響を与えることを「正の移転」、逆に悪い影響を与えることを「負の移転」といいます。日本人が英語を学んでいるときの、正の移転として分かりやすい例に「所有格のS」があります。これは日本語にすると「彼女(の)バッグ」というように、そのまま「の」として対応できます。日本語の文の構造や語順がそのまま対応できるため、言語学習をするときにもプラスとして働くのです。しかし、プラスの影響だけでなく、負の移転も多く存在します。日本人が混乱しがちなものに、不定冠詞(a)と、定冠詞(the)の使い分けがあります。そもそも日本語の名詞には冠詞が存在しないため、冠詞自体の感覚も持っていない上に、「a」と「the」で変化が起こっては分かりづらく感じます。文法だけでなく、発音も言語移転の影響を受けます。日本人は「L」と「R」を区別して発音することは難しく、リスニングにおいても上手く聞き取ることができません。これは、日本語にこの音が存在しないことが理由となっています。日本人が英語を話すとき、特有のカタカナ英語になってしまうのは音にも問題があるのです。他にも、「はい」と「いいえ」の答え方が反対になってしまう場合もありますし、「ありがとう」を「すみません」と言いがちです。そもそも言語自体が違う上に文化も違います。英語を勉強するということは、このようなマイナスの影響があることも覚えておきましょう。

リスニングの勉強方法

英会話を上達させるには、当然ながらリスニングの能力は必須となります。しかし日本人の多くはリスニングが苦手な人が多いと言われています。リスニングができないといっても、その「できない」は大きく分けて3種類あると言われており、それぞれ対策は変わってきます。1つ目に、そもそも単語自体を知らないから聞き取れないということがあります。これは単純に単語力が足りていないため、相手にゆっくり喋ってもらっても解決できません。解決をするには、単語を覚えるしかありません。知識はリスニングのベースです。多くの単語を知っていればいるほど、リスニングは容易になります。声を出しながら、音として単語を覚えていきましょう。2つ目は、単語自体は知っていても音として聞き取れないという状態です。単語自体は知っているので、文字として見れば理解をすることができます。原因は、単語と発音が結びついていないということにあります。文字で分かるというのはあくまで視覚情報ですが、音で理解をするのは聴覚情報です。耳で覚えられるように、音声やイントネーションに気をつけて学んでいきましょう。3つ目は、音として聞き取ることはできていても、意味が理解できていない状態です。ひとつひとつの単語は理解しているのですが、聞き取りの速さがついていけていないことが原因になっているのです。これは、音声知覚に集中してしまっているために、意味を理解するところまで頭が回っていないことが原因です。そのため、スピードについていくための訓練をすることで解決できます。英語のリスニングをしながら音を追いかけて自ら発声する、シャドーイングという練習方法が、聞き取りスピードを上げることに効果的です。

情意フィルター仮説における英会話

英語に限らず、言語を学習していると「間違った発音をしてしまうのではないか」「周りに馬鹿にされてしまうのではないか」と不安になることがあります。言語学習を学び始めたばかりの頃は自分に自信がないために不安が大きくなってしまうことも珍しくないですが、結果的に学習の妨げになってしまいます。日本人は特に恥を感じて引っ込み思案になってしまう人が多いため、このタイプが多いそうです。これは情意フィルターと呼ばれる仮説のひとつで、このフィルターをなくしていくことこそが、言語学習をスムーズに行うポイントとされています。この情意フィルターは、お酒を飲むと取り払いやすくなります。リラックスした心地になり、「間違えたら恥ずかしい」という気持ちを少なくしてくれるからです。しかし、英語学習をする度にお酒を飲むわけにはいきません。情意フィルターをなくすために、自分で工夫をしていく必要があります。工夫のひとつとして、まず「相手は人の間違いを気にしていない」という前提を覚えておきましょう。日本人は正しい日本語を聞く機会が多いため、間違った日本語を聞くと違和感を持つことが多いのですが、そもそも英語はグローバルな言語です。正しい英語が定義できないほど多様な言語なため、おかしな発音をしても相手が気にすることはまずありません。間違いに対して寛容という感覚を覚えておけば、恥をかくということに対するハードルも下がります。考え方を変えることはもちろんですが、英語自体の上達をすることで、自信にもつながります。沈黙が怖いのであればつなぎの言葉を覚える、相手に聞き返されることが多いなら大きな声を出す癖をつけるなど、自分の弱みを理解することも大切です。

英会話と睡魔との間で

英会話の勉強をしていると、どうしても睡魔に勝つ事ができなくなると、友人に相談してみたところ、そんなに眠たくなるのであれば、それほど「英会話」に、興味がないのではないかと言われてしまった事がありました。このような状況を皆さんは、どう思われますか?英会話を勉強していると、睡魔に襲われるのですが、ネイティブスピーカーのように、英会話がペラペラと話す事ができる自分に、とても憧れを抱いているのです。それほど、英会話を頑張りたいのであれば、諦めずに頑張りなさいともアドバイスを頂くのですが、頑張れば、頑張るほど眠たくなってしまうのです。英会話以外の事にも、部活動や習い事にベストを尽くしていても、部活の練習や習い事の間には、さほど睡魔は襲ってこないのです。このような状況から、英会話は諦めるべきではないかと思い、一週間ほど、英会話の勉強を放置する事で距離を置いていたのですが、気になって仕方がありあません。とうとう一週間後に、英会話のテキストを手に取ってしまいました。眠くなるのは、分かっているのですが、英会話のページをめくってしまいます。どうにか、睡魔との闘い方を調査してみようと、サイト検索を行ってみたところ「メンタルブロック」というワードをみつけました。私自身は、ポジティブに英会話学習に向き合おうとしているのですが、心のどこかで、「どうせやっても意味がない・・・」「私には、無理だ・・・」などと、後ろ向きな考えが、英会話の学習を拒否してしまっているのではないかとの示唆する文言が書かれていました。根本的に、自分自身の考え方を変えていかなくてはならないようです。自分自身の内なる声に気づこうとする前向きな気持ちが、まずは、必要なようですので、英会話のステップアップに挫折してしまった自分の本心を探す事から始めたいと思います。英会話と睡魔との間で、人間の不可思議を想いました。

何のための英会話なのだろう

皆さんが、英会話を勉強する理由は、何でしょうか?このような質問を繰り返す事が、皆さん自身へのゴールへと導く道しるべとなってくれるはずです。「英会話」を学んだ後の、その先のゴールに待ってる景色を思い浮かべてみて下さい。そこには英会話が上達する皆さんの姿が、ゴールなのではなく、別の景色が広がっていたりしませんか?ストレートに言ってしまえば、「英会話」を上達したいと考えて、英会話がうまくなる人は、ごくわずかです。英会話が上達する事で、その他にも、自分へのご褒美があるというビジョンが思い描けている人が、英会話を学習する中で、実際にスキルやテクニックをみつけていける人々なのです。皆さんの人生は、英会話がうまくなったからといって満足する人生ではないはずです。英会話が上達した先に、何か得たいものや、得られるものがあるからこそ、英会話を上達させたいはずなのです。その「夢」や、思い描いた皆さんだけの「ビジョン」を大事にして下さい。多忙な社会の中では、多くの人々が、自分の人生そのものが擦り切れたり、やせ細っていくような感覚を持つ事があるはずです。そのような人生を送る為に、皆さんは働き、日々を送っている訳ではないと、そう確信しています。英会話力が身に付く事で、皆さんの行動範囲が広がるのであれば、人生にプラスな事です。他の考え方を用いてみますと、もし、皆さんに英会話を身に付ける以上の大切な、ミッションが迷い込んできたとしたら、英会話力の向上は、皆さん以外の人々にお願いして、皆さんは、皆さんにしか取り組めない重要なミッションに向かっても良いのです。英会話を身に付けたいという思いばかりが先行してしまうと、時としてそのような考えが足枷になってしまう事もあります。大切な事は、本当に自分が行いたいビジョンをみつけることです。そのビジョンに辿り着くまでに、英会話が必要なのであれば、皆さんのペースで、しっかり大地に根をはって学ぶ覚悟をしましょう。新宿の英会話がおすすめです。