英語を学ぶ上で意識すべきこと

英語で日常会話を行なうのに、膨大な数の単語は必要ありません。ほとんどの場合、限られた馴染みのある単語を繰り返し使ったり、それら簡単な単語を組み合わせてバリエーションが作られているのです。また、単語を身に付ける上での失敗として、「頭の中で翻訳して記憶している」というものがあります。本物の語彙力、つまりネイティブの語彙力というのは、イメージと結びついています。日本人が日本語で「木」と言った時に、映像が浮かぶのと同じです。よって、英単語も本来はイメージと結びつけて学ぶべきなのです。
現実の日常会話でほとんど使わないような難解な単語をどれほどたくさん丸暗記しても、簡単な会話さえできるようにはなりません。逆に、ネイティブが実際に日常で使っている単語に絞ってその意味を知り、個々の単語の組み合わせによってさらに作られる使い方をまなぶなら、日常の会話は十分に可能となるのです。しかし、せっかく単語を覚えても、それが日本語と結びつけた覚え方であれば役に立ちません。テストの時に訳せたとしても、会話の時に素早く口から出てこないのです。本物の語彙力は、イメージと結びついて出来上がるものです。たとえば、”tree”という単語は木のイメージと結びつくべきで、日本語で「木」と置き換えて考えてはいけないのです。加えて、単語は英文の中でどのように使われているかということとセットで覚えなければなりません。
これも、頭で考えるというより、イメージなのです。このように、イメージ(頭に浮かぶ映像)を重要視し、会話に直結した英語力を短期間で効果的に身に付けることが大切なのです。

英会話の上達に書くことが効く

英会話のトレーニングで文章を書くことというのもいいそうです。

英語は適切な語順で並べるのが必要なので、書くことでそれを理解できるということもあるそうです。

初心者は単語と文法ということを重ねてやっていれば特別なことをする必要もないそうです。

コツがあれば、というよりも、勉強を重ねていくうちにコツが見えてくるともいえるそうです。

英文は会話と違って、勉強したその日から正しいことを書くことができるというのがいいそうです。

もちろん参考書を見ながらということですが、リーディングはいくら本の通りに読んでも発音が違ったりして正しいとはいえないそうです。

その点、書くことなら、参考書のとおりに書けばそれは正しいというわけだそうです。

たとえば、大文字を書き忘れたり、sをつけ忘れたということもすぐに分かるわけですからいいと思います。

英作文というと難しく考えがちですが、英文として成り立つように書けばいいかと思います。

SVのSを入れておく、SVのVを入れておく、受動態なら受動態をつくる、などをやればいいかと思います。

動詞の原形、過去形、現在形など意識したり、名詞を複数なのか単数なのかチェックしておくなど、注意すべきを注意したら、見やすい英文がかけるそうです。

また、小説家になるわけではないので、単純な英文が書けるようになればいいそうです。

まずは相手に誤解なく伝わることが大切だそうです。

また相手が疲れるような英語を書いてないかも大切だそうです。

相手を不快にしないようにというのも気を配った方がいいそうです。

自分で書いた英語がそもそも気取った文章とか複雑になっているかどうかは英語でわからないので、簡単な英文を書くことを目指した方がいいと思います。

英語が使えるようになる

単語も6000語ほど覚えると理解できる文章も増えてくるそうです。

また、わからない語と出会うと調べたくなったりするそうです。基礎を頑張ることで勉強の癖もついてくれると言われています。

英語のニュースも頻繁に出てくる語句などがあるわけですから、それを覚えてしまったりするそうです。

文章が読めるようになればリーディングが楽しくなったりするかと思います。好きな小説にトライするのもいいかと思います。

また、リスニングも基礎を繰り返していくことで、映画の言葉が聞き取れるようになっていたりするそうです。何でも一ヶ月を目安にやることで徐々に身につけばいいかと思います。

基礎の頃に勉強した簡単なテキストを発音も文章もきちんと話すことができるかもしれません。テキストを見ないで聞くだけで理解できるようになっていることが理想ですが、何度も何度も復習を繰り返すことでそれもできるようになるそうです。今、できなくても心配しないというのが一番大切だそうです。

また睡眠不足のときに寝ながら聞き流すというのは、良さそうに感じますがなかなか修得には至らないそうです。確かに寝ながら映画を見ていても寝てしまったら内容なんか覚えていません。

英語を聞き流していても、寝てしまった意味がないと思います。

英語は起きているときに聞いた方がいいそうです。

聞き流しの英語教材で身につかないと嘆かないように、聞き流しの教材は起きているときに聞くようにしたほうがいいそうです。

もし時間がないのであれば、会社に行く一つ手前の駅で降りて歩いていくときに聞きながすという方がいいそうです。

誰でもできないことはありますので、聞き流しで英語が修得できなくても心配することはないかと思います。

日常会話とビジネス英会話

ビジネス会話で、さらに英語というと、改まってしまうかもしれません。しかし中身をよく見ると、ビジネスの場でも日常会話でも、型となる英文の構造はほとんど同じです。「Is that OK?」と言うと、何となくくだけた表現にも聞こえますが、自分の行動を相手に確認する時にはよく使われる表現です。「May I have~(~をください)」や、会話のクッションとしての「Do you remember~(~を覚えていますか?)」もビジネスの場面でよく使われます。

ビジネス英会話で心掛けるのは「失礼になりすぎない言葉を選ぶ」ということです。もちろん日常会話で使っているような英文も多いのですが、問題は「言い方を工夫する」ということです。例えば、目上の相手が作った書類にミスがあったとします。日本人同士であれば、「これは正しいですか?」と聞くと思いますし、「あなたのミスです、間違っていますよ」と頭ごなしに言うと、当然ながら相手も良い気分はしないでしょう。これは英語でも同じです。英語の初心者は、「英語」を伝えることを優先して「Yu made a mistake~」といった文章を作りがちですが、まずはその表現が失礼に当たらないかをよく考えてみてください。正しく英語を伝えることと、角を立てないことが大切です。どうしても伝え方が分からないと迷った時は、「There is a problem with~」で、「~のことで困っています」という言い方をするのが、どんな場面でも無難でしょう。

地域や業界にもよるので一概に言えない部分もあるのですが、「外国人相手だからと何でも言っていい」とするのは止めましょう。特にビジネスの場面では、角が立ったことで自分に不利な状況に立たされてしまうこともあるのです。少し工夫するだけでスムーズなビジネス会話ができます。

まずは声に出してみる

ある程度の文章を作ることができたら、次は音読をしてみましょう。実際に声に出すのと出さないのとでは、英語の吸収力が全く違います。もちろん間違ったままの発音ではいけません。英会話の教室に行ってもいいですし、ネットで探しても何かしらの添削方法は見付かるでしょう。「やっているうちに身につくだろう」と、間違った発音を惰性で使い続けるのだけは止めましょう。人間は、一度口に出したことがあることは、二度目も口に出しやすい生き物です。何度も何度も口に出すことによって自信にも繋がりますし、咄嗟の場面でも出て来やすくなるものです。ですので間違った発音で覚えてしまうのは、もったいないのです。一度や二度でしたらすぐに直すことができますが、延々と使い続けていれば、嫌でも定着してしまいます。まず声に出すというのは間違っていないのですが、早い段階で正しい発音を、必ず意識するようにしましょう。

正しい発音について述べてきましたが、だからと言って「間違っているかもしれないから口に出さない」というのはもっと悪いことです。日本人は「間違ったことを言うのが恥ずかしい」と思いがちです。しかし日本人以外は、一般的に「間違えることよりも、何も言わない方が恥ずかしい」と思っています。もちろん正しい英語に越したことはありませんが、だからと言って「間違わないために黙る」のはもっといけないことです。まずはとにかく「英語を声に出す」ことに慣れてください。例え間違っていても、後で必ず直すのですから問題ありません。まずはとにかく、英語を声に出す感覚を身に付けましょう。この感覚に慣れて、恥ずかしがらないようになれれば、英語の上達も早くなるでしょう。

オンライン英会話の活用法1  

上で挙げたように、オンライン英会話は安く済むのが何よりも魅力的です。これならば万が一途中で挫折するようなことがあっても、納得ができる金額ではないでしょうか。経済的な面での負担を減らすことができるのは、学生や主婦にとって魅力的だと考えられます。さらにオンライン英会話の素晴らしいところは、日本時間の深夜や早朝と言った実際の英会話教室が空いていない時間帯にも、どんどん英会話を行うことができることです。これは、バイトに忙しい大学生や、家事に忙しい主婦にとっては、家から出ずに英語を教わることができたり、バイトの合間にカフェで英語を教わることができるなど、利点が多いです。他にも、オンライン英会話では、レッスンが始まる直前に予約をキャンセルしたり、変更することも可能であると聞いたことがありますので、急な用事が入りがちな方にもお勧めできます。最もお勧めできるオンライン英会話の活用法は、実際の英会話教室と、オンライン英会話を併用するということです。当然のことですが、英会話までにたどり着くためには「文法」「語彙」「音韻」といった基礎的な項目を、しっかりとマスターする必要があります。このような分野のマスターに、オンライン英会話は実はあまり向いていません(会話は応用に当たるからです)。そして英会話をするために、このような分野を覚えておくことは必須の事項と言っても過言ではありません。そのため、まずは英会話教室に通い、基礎的な文法音韻をしっかりとマスターしておくことが必要です、その上で、オンライン英会話を活用すると上達が早くなると考えられます。一般的に、第二言語習得では「英語母語話者のように成長と共に学ぶ英語

とは異なる過程を経て学ぶことになるのです。

オンライン英会話とモチベーションアップのコツについて

インターネット網が発達した現代においては、実際に英会話教室に足を動かして通わなくても、インターネット回線による通話を用いて、オンラインで英会話の授業を受けるという手段が発達してきました。昔では考えられなかったことですが、現地の人と話す機会を得るための手段が非常に容易になってきていると考えられます。最近では、パソコンではなくスマートフォンを使ってでも、オンラインの英会話教室を受けることができ、料金設定も割安であることも多く、高校生・大学生・社会人と年齢を問わずによく利用されているように見受けられます。オンライン英会話は無料の音声通話サービスを用いて行い、パソコンやスマートフォンから誰でもダウンロードすることができます。これらの素晴らしいメリットとしては、他に、個別レッスンに集中できるということです。インターネット通話では、11で顔を突き合わせて、画面越しに海外の講師と会話をすることができます。そのため、実際の英会話教室以上に十分な会話の量をこなすことができ、その内容も自分が目的とする英語力に沿うような形で身につけることができるのが、最大の魅力です。インターネットで調べたところ、レッスン時間の基本的な単位はおよそ30分であるようです。確かに30分と言う時間は、最も集中力が持続する時間と言われ、集中して取り組めることが見込めます。オンライン英会話の予約方法は会社によって様々ですが、仲介してもらった講師に直接依頼をしてやってもらうという形式が、一般的のようです。もちろん別の先生に教わりたいと考えた時には、異なる講師を予約することも可能のようです。オンライン英会話の費用ですが、もし毎日30分ほどのレッスンを受けた場合、1ヶ月でおよそ5000円程度と、実際の英会話教室に通うよりも安く済むことが多いようです。

語順感覚を鍛える

英会話上達は文法よりも「語順感覚」が不可欠です。
日本の英語教育では英文法を重視していますが、「S+V+O+C」のように堅苦しく考える必要はありません。

ポイントは、「違和感」を身につけることです。
その感覚を鍛えるための勉強法としておすすめなのが、英語の辞書などの文章を並べ替え教材として使う方法です。
辞書でなくても、参考書やテキストなどの英語教材の英文であれば何でもいいです。

しかし、あえてすすめるとしたら、英単語を解説する際に、例文などが記載されている辞書が良いと思います。
そこにある例文をひたすら書き出して、並べ替えトレーニングをするのです。
もちろん、電子辞書でも構いませんが、必ず例文があるものを使いましょう。
また、無料のアプリやサイトの辞書にある例文などを利用しても良いでしょう。

このとき、難しい用語を覚える必要はまったくありません。
あくまでゲーム感覚で「並べ替え」をし、その答えを確認するだけです。
これを繰り返し行うことで、語順感覚が徐々に研ぎ澄まされていきますので、皆さんもぜひやってみてください。

プレイボーイ撃退法

これは、相手がプレイボーイなんだから、当然若い女性の場合に起こるととだと思うけれども、やはりむこうでは、そういうことがよくある。

べつにプレイボーイでなくても、あなたが女性であり、しかも魅力的であることに対してのエチケットみたいな感じで声をかける人もいるけれど。
でも、こういうのも、あなたが遊ぶつもりならべつにああしなさい、こうしなさいというととはいえないけれども、ぜんぜんその気がないのなら、やはりめいわくだから、英会話のお勉強も踏まえて撃退法も考えておいたほうがいいかもしれない
よくあるのは、ホテルのロビーなんかですわっていると、「いっしょにお食事しませんか」
とかいって声をかけてくる。それはむこうは、口がうまい。日本式の誘われかたにいくらなれ
ていても、ぜんぜん感じがちがう。ついその気になるくらいロがうまい。
たいていは、すぐには誘わないで、いっしょにすわっていろいろ世間パナシなんかをする。
あなたの英語はぺラペラだとかなんとかいろんなことをいう。そうなるとまず赤色ランプの危
険信号だと思っていい。そろそろ、誘ってくるぞと思っていると、やはり、
How about something to eat ?(何か食事でもいかがですか)
ときた。こちらにその気がなければすぐことわってしまう。
I’ve just eaten.(たったいますませたところです)なんてにべもない感じでいいかもしれない。

はっきり区別をつける

けっきょく、コトパというのは、どれだけその人に身についたものになっているかということが問題だと思う。じようずにつかいとなせて、たのしみながらつかえるんだったら、その人はほんとうにりっぱだと思う。

ただ、こういうコトパがいまはやっているからつかうのだとか、ちょっとインテリぶってみたいからつかうというのでは、コトパ自身が自分のものにならない。コトパはめちゃくちゃになるし、その人の話しかたもいいかげんになる。

では、そういう日本式のカタカナ英語と本格的な英語をはっきり区別していくためには、どうしたらいいかというと、そのコトパ、どんなへんてこなコトパでも、いったいどういう意味なのか、外来語なら、もとの意味はどう、いう乙となのかという乙とを字引きをひいて調べておく。これはほんとうの英語なのか、日本製の英語なのかという区別をつける。いまは、混乱しているからちょっとむずかしいと思う。よっぽど好きでないと、そとまでは調べないと思うけれども、とにかく英語でもフランス語でもドイツ語でも、字引きをひいて調べておく。日本ではとういう意味でっかわれている、じゃ、ほんとうはどうなんだろうと判断するしかないと思う。