「ゆとり教育」と教育現場の見直し

「ゆとり教育」の生んだものについて、度々多くのメディアで論争が繰り広げられておりましたが、政府のこのような取り組みが招いた結果として生じた子どもたちの「学力低下」は、本当に「ゆとり学習」がめざしたものが招いた結果であったのでしょうか。そもそも「ゆとり教育」がめざしていた子どもたちへの指導教育は、「子どもたちの学習意欲を育てる」ことにその目的が定められていたはずです。当時、文部省は子どもたちが自ら学ぶための「意欲」「思考力」「判断力」「表現力」をその基礎として養う「教育の現場」をめざしていたはずであったのですが、その当時の「ゆとり教育」がそのような政府の掲げる目標に近づけるような教育体制を実際に、その現場に確立できていたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です