「ひきこもり」のデータ

昨今では、日本国内における「ひきこもり」であると考えられる人々は100万人であるとも言われています。

「ひきこもり」と聞くと「不登校」をイメージすることから、その多くは学生であると考える人々もいらっしゃるようですが、最近では20歳以上の成人層のなかでも中高年層にも注目が集められているようです。一般的に一言で「ひきこもり」といっても、自宅から一歩も外へ出ない人もいれば、ご近所を散歩したり外食することぐらいであれば一人で外出できるといった人もいるようです。

男女比から言いますと、圧倒的に男性が多く男性75%、女性25%といったようなデータが出されております。イメージと異なり、データで見ると「ひきこもり」にも様々な実態があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です