英会話を身に付けるにあたって

また、英語は、肯定文と疑問文で、この形が変わったり、語順が大きく異なったりする言語であり、この点で、日本語と大きく区別されるという風に言う人も多いようですが、ここで重要になってくるのは、イントネーションです。

肯定文の後ろに、イントネーションを強めにつけることで、疑問文のニュアンスが生まれるということで、簡単に解決できてしまうわけですから、こちらを覚えてしまった方が、良いと言えるのではないでしょうか。

また英会話においては、繰り返し自分の意見を述べることよりも、相手から質問されたことに対して、きちんと答えられる能力を身につけた方が、うまく会話が進めている感覚になることができるため、まずは主張することより、きちんと、答えられる方から、覚えて行った方が良いとは考えられていますが、

簡単な疑問を覚えておくことで、円滑にコミュニケーションの応答ができるようになると考えられるわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です