リスニングの勉強方法

英会話を上達させるには、当然ながらリスニングの能力は必須となります。しかし日本人の多くはリスニングが苦手な人が多いと言われています。リスニングができないといっても、その「できない」は大きく分けて3種類あると言われており、それぞれ対策は変わってきます。1つ目に、そもそも単語自体を知らないから聞き取れないということがあります。これは単純に単語力が足りていないため、相手にゆっくり喋ってもらっても解決できません。解決をするには、単語を覚えるしかありません。知識はリスニングのベースです。多くの単語を知っていればいるほど、リスニングは容易になります。声を出しながら、音として単語を覚えていきましょう。2つ目は、単語自体は知っていても音として聞き取れないという状態です。単語自体は知っているので、文字として見れば理解をすることができます。原因は、単語と発音が結びついていないということにあります。文字で分かるというのはあくまで視覚情報ですが、音で理解をするのは聴覚情報です。耳で覚えられるように、音声やイントネーションに気をつけて学んでいきましょう。3つ目は、音として聞き取ることはできていても、意味が理解できていない状態です。ひとつひとつの単語は理解しているのですが、聞き取りの速さがついていけていないことが原因になっているのです。これは、音声知覚に集中してしまっているために、意味を理解するところまで頭が回っていないことが原因です。そのため、スピードについていくための訓練をすることで解決できます。英語のリスニングをしながら音を追いかけて自ら発声する、シャドーイングという練習方法が、聞き取りスピードを上げることに効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です