情意フィルター仮説における英会話

英語に限らず、言語を学習していると「間違った発音をしてしまうのではないか」「周りに馬鹿にされてしまうのではないか」と不安になることがあります。言語学習を学び始めたばかりの頃は自分に自信がないために不安が大きくなってしまうことも珍しくないですが、結果的に学習の妨げになってしまいます。日本人は特に恥を感じて引っ込み思案になってしまう人が多いため、このタイプが多いそうです。これは情意フィルターと呼ばれる仮説のひとつで、このフィルターをなくしていくことこそが、言語学習をスムーズに行うポイントとされています。この情意フィルターは、お酒を飲むと取り払いやすくなります。リラックスした心地になり、「間違えたら恥ずかしい」という気持ちを少なくしてくれるからです。しかし、英語学習をする度にお酒を飲むわけにはいきません。情意フィルターをなくすために、自分で工夫をしていく必要があります。工夫のひとつとして、まず「相手は人の間違いを気にしていない」という前提を覚えておきましょう。日本人は正しい日本語を聞く機会が多いため、間違った日本語を聞くと違和感を持つことが多いのですが、そもそも英語はグローバルな言語です。正しい英語が定義できないほど多様な言語なため、おかしな発音をしても相手が気にすることはまずありません。間違いに対して寛容という感覚を覚えておけば、恥をかくということに対するハードルも下がります。考え方を変えることはもちろんですが、英語自体の上達をすることで、自信にもつながります。沈黙が怖いのであればつなぎの言葉を覚える、相手に聞き返されることが多いなら大きな声を出す癖をつけるなど、自分の弱みを理解することも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です