ホストファミリーの「ルール」と「環境」

ホームステイなどで、家族と共用のお風呂やトイレを使用する時には、その家族にとってのルールなどがあるでしょうから、皆さんは、自分勝手に、自分の考えで私的に使用する事は控えましょう。アメリカなどでは、一般的な家庭のお風呂は、トイレとお風呂がくっついているので、お風呂を長時間独占する事で、他の家族たちに迷惑を掛けてしまう可能性がある事を、踏まえて、きちんと声を掛けてからシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりする事が望ましいです。英会話のフレーズとしては、「May I take a bath, now?」=「今、お風呂に入っても良いですか?」と、一言声をかければ、15~20分は、トイレに入れないのだと、ホストファミリーも認識できると思まれますので、一瞬、シャワーを浴びるだけの時でも、基本的には、声掛けが必要です。ちなみに、「簡単にシャワーを手身近に浴びてきます」の英会話表現は、「I’m gonna take a quick shower.」などです。お風呂の構造が、日本の湯船とは、全く異なる事もあるので、バスルームを水浸しにしないように、慣れるまでは、慎重にお風呂に入るようにしましょう。ホストファミリーの自宅のお風呂を共有させて頂いているのであって、お金を払ってホテルに宿泊している訳ではないのだという心構えが大切です。お掃除や住居のお手入れもホストファミリーが行っているのだという考えは、常に持ちましょう。場合によっては、地域環境の異なりから、季節によってお水の使用制限があったり、電気の使用量が時間的に集中する事を、避けたりする必要があるご家庭もあるはずです。そのようなルールを聞かされた場合は、きちんと家族のルールの中で生活するようにしましょう。日本の生活のように、全てが万全に整っていないホストファミリーの家庭環境などもあるかもしれませんが、世界の中で暮す人々の環境が、全て、日本のような恵まれた環境ではない事を理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です