アメリカとイギリスでは食べ物の言い表し方も異なる

アメリカ英語とイギリス英語ではアクセントのみならず、使用する単語そのものが違うということもあります。ある程度知識がないと、イギリスで恥ずかしい思いをしてしまうことがあるかもしれませんので、イギリス英語に触れる機会がある際には少し予備知識を入れておいた方がよいかもしれません。食べ物の名称もアメリカとイギリスでは異なることがあります。アクセントが少し違うという場合はある程度通じるかもしれませんが、名称がことなるとなると知っておいた方が役立つでしょう。たとえば、最近では日本のお店でもメニューにあることも多いフィッシュ&チップスです。これを頼むとどのような料理が出てくるでしょうか。「魚とフライドポテト」です。イギリス英会話の特徴は、フライドポテトのことを「Chips(チップス)」ということです。チップスというと日本ではポテトチップスという言葉がありますが、このポテトチップスのことはイギリスでは「Crisps(クリスプス)」といってまた別の単語があります。アメリカの英会話ではフライドポテトのことは「French fry(フレンチフライ)」、ポテトチップスのことは「Potato chips(ポテトチップス)」と言います。こちらの方が日本人は馴染みがあるかもしれませんが、フィッシュ&チップスという単語も使用しているので、日本人はアメリカ英語とイギリス英語を混在させて使用していることが多いのかもしれません。また、食事が終わった後にお会計をする際、「Check(チェック)」と言います。日本でも使う人も多いかと思います。しかし、この単語もアメリカの英会話で使用される言葉です。イギリスではお会計のことは「Bill(ビル)」と言います。イギリスで食事をした際にCheckと言って通じないということが内容に知っておきたい単語です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です