東京オリンピック開催を前にー言葉や文化の異なりの中でー

東京オリンピックの開催に向けて、都内の交通に関する整備や、人々の脚となる交通網の見直しが、日々問われています。世界各国から、大勢のインバウンド環境客が押し寄せるであろう、都内&周辺の外国人観光客スポットとしては、「鎌倉」「秋葉原」「新宿」「渋谷」「お台場」「六本木」「皇居周辺」など、様々な関東近辺の観光スポットなどに、今までにないような人口密度の人々が集まる事が予測されます。皆さんも、多くの外国人観光客との遭遇に戸惑う事もあるかもしれませんが、そのような都心の混雑ぶりに、思ってもみないトラブルに巻き込まれる事柄も想定されます。今一度、外出の際の身の回りの盗難や防犯に注意を払いましょう。日本人は、日本国内の治安の安泰から、盗難や防犯に疎い国民性であるとも言われています。公の場に外出する際の、貴重品管理や、身の回りの貴金属やスマートフォンなどといった、盗難に遭い易いアイテムへの自己管理をいっそう引き締めていきましょう。オリンピック期間中は、大勢のインバウンド観光客の波に紛れて、多くの犯罪組織が、無防備な皆さんを狙っているかもしれません。オリンピックのお祭ムードの中でも、自分自身の警備の見直しを行いましょう。アクションシーンが多い洋画などを鑑賞していると、「フリーズ」などと大声を出して、逃げようとする犯罪者に立ち向かう警官の姿がありますよね。「フリーズ」とは、「Freeze!」=「止まれ!動くな!」という意味です。英会話の表現として、「凍れ!」=「止まれ!動くな!」という意味合いがあります。このような英会話の表現を聞きとる事ができなかった、アメリカでホームステイしていた日本人留学生が、銃に撃たれてしまった哀しい出来ごともありました。彼は、訪問先を誤って見知らぬお宅に不法侵入してしまったのです。その時期のアメリカはハロウィンのシーズンであったので、彼は、ハロウィンの仮装をし、知人のお宅のハロウィンパーティに出掛ける最中の出来事であったそうです。言葉や文化の違いから、命を落とす事もあるのだという哀しい事件となりました。オリンピックに沸く日本国内ではありますが、無事にお祭が終了するまでは、今まで以上に、身の周りの管理や防犯に気を引き締めていきましょう。言葉や習慣、文化の違いから、思わぬトラブルが発生する可能性も考えられます、オリンピックのお祭ムードに惑わされないような日本人としての行動力が問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です