英語漬けにする方法

 日々の生活環境を英語漬けにする方法としては、洋楽を聴いたり、洋画を鑑賞したりすることが挙げられます。これらはかなり昔から採用されている方法であり、最近は他にも多様な手段があります。例えば、ネットでBBCやCNNのニュースを閲覧したり、各種情報アプリを利用したりするのも有効です。政治・経済系のニュースが難しいと感じる場合は、ライフスタイルやトラベルといったジャンルも提供されているので、そちらを読むと良いでしょう。情報アプリの例としては、バズフィードを挙げることが出来ます。恋愛、芸能といったジャンルの情報が満載ですから、知識が無くても気軽に読むことが出来ます。因みにバズフィードは日本語版もありますが、言語設定で英語を選ぶだけで、英語版の記事をダウンロードできるようになります。
 また、キンドルで無料の洋書をダウンロードするのも選択肢でしょう。ネット上のニュースの分量では物足りないと感じる人に最適の方法です。もちろん経済的余裕があれば、有料のコンテンツも選ぶことが出来ます。勘違いしている人もいるのですが、キンドルは専用端末が無くても、アプリをダウンロードするだけで、スマートフォンで利用することが出来ます。
 さて、ネット等の技術を使わずに英語漬けにする方法もあります。それは、外国人の友人を作ることです。相手の同意がなければ成立しない方法ですから大変ですが、成功すれば
生の英語を身に付けることが出来ます。日本には日本語を必死に勉強している外国人が沢山います。彼らに日本語を教える代わりに友人になってもらい、逆に彼らから英語を教わるのも手でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です