英会話は通じることが大切

英会話は通じないといけないと思います。

スピーキングのトレーニングというのは、英文を真似して口にするということが大切だそうです。

テキストを見ながら聞くということから、全ての語句を発音できるようになることが大切だそうです。

繰り返し聞いて、繰り返し声に出すということをしていくといいそうです。

テキストを見ないでもできるようにしたらいいそうです。

これも簡単なテキストがいいそうです。簡単過ぎるほどのものがいいそうですが、あまりに簡単なものを選んで簡単すぎて飽きるということもあるかと思います。

けれど、英会話というのは相手が不快に思うようなことを言わないのが初心者の鉄則だと思います。

初心者ではそれが良い英語か悪い英語かもわからないものだと思います。

だからこそ基本中の基本を話せるようになっておくべきだということのようです。

どうしても映画のセリフの真似や海外ラッパーのマネをしてしまったりする人もいることも事実です。

そんな英語を使ったら殴られるということも、初心者には区別がつかなかったりするかと思います。

まずは基本を話せるようになって、相手の国の文化も学んでいくというのがいいかと思います。

ドイツ国内でハーケンクロイツを使用したら犯罪に当たる行為となりますが、欧米以外の若い人はそれを知らずにハーケンクロイツを使用してしまうこともあるそうです。

相手の国の文化を知らないと失礼に当たることをたくさんやってしまうかと思います。

初心者ということと、海外のことはよくわからないということを自覚して英会話をするのがいいそうです。

どんどん話せるようになるころには、おかしな言い回しにも敏感になっているそうです。

相手に負担にならないような英会話を目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です