英会話の上達に書くことが効く

英会話のトレーニングで文章を書くことというのもいいそうです。

英語は適切な語順で並べるのが必要なので、書くことでそれを理解できるということもあるそうです。

初心者は単語と文法ということを重ねてやっていれば特別なことをする必要もないそうです。

コツがあれば、というよりも、勉強を重ねていくうちにコツが見えてくるともいえるそうです。

英文は会話と違って、勉強したその日から正しいことを書くことができるというのがいいそうです。

もちろん参考書を見ながらということですが、リーディングはいくら本の通りに読んでも発音が違ったりして正しいとはいえないそうです。

その点、書くことなら、参考書のとおりに書けばそれは正しいというわけだそうです。

たとえば、大文字を書き忘れたり、sをつけ忘れたということもすぐに分かるわけですからいいと思います。

英作文というと難しく考えがちですが、英文として成り立つように書けばいいかと思います。

SVのSを入れておく、SVのVを入れておく、受動態なら受動態をつくる、などをやればいいかと思います。

動詞の原形、過去形、現在形など意識したり、名詞を複数なのか単数なのかチェックしておくなど、注意すべきを注意したら、見やすい英文がかけるそうです。

また、小説家になるわけではないので、単純な英文が書けるようになればいいそうです。

まずは相手に誤解なく伝わることが大切だそうです。

また相手が疲れるような英語を書いてないかも大切だそうです。

相手を不快にしないようにというのも気を配った方がいいそうです。

自分で書いた英語がそもそも気取った文章とか複雑になっているかどうかは英語でわからないので、簡単な英文を書くことを目指した方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です