英語が使えるようになる

単語も6000語ほど覚えると理解できる文章も増えてくるそうです。

また、わからない語と出会うと調べたくなったりするそうです。基礎を頑張ることで勉強の癖もついてくれると言われています。

英語のニュースも頻繁に出てくる語句などがあるわけですから、それを覚えてしまったりするそうです。

文章が読めるようになればリーディングが楽しくなったりするかと思います。好きな小説にトライするのもいいかと思います。

また、リスニングも基礎を繰り返していくことで、映画の言葉が聞き取れるようになっていたりするそうです。何でも一ヶ月を目安にやることで徐々に身につけばいいかと思います。

基礎の頃に勉強した簡単なテキストを発音も文章もきちんと話すことができるかもしれません。テキストを見ないで聞くだけで理解できるようになっていることが理想ですが、何度も何度も復習を繰り返すことでそれもできるようになるそうです。今、できなくても心配しないというのが一番大切だそうです。

また睡眠不足のときに寝ながら聞き流すというのは、良さそうに感じますがなかなか修得には至らないそうです。確かに寝ながら映画を見ていても寝てしまったら内容なんか覚えていません。

英語を聞き流していても、寝てしまった意味がないと思います。

英語は起きているときに聞いた方がいいそうです。

聞き流しの英語教材で身につかないと嘆かないように、聞き流しの教材は起きているときに聞くようにしたほうがいいそうです。

もし時間がないのであれば、会社に行く一つ手前の駅で降りて歩いていくときに聞きながすという方がいいそうです。

誰でもできないことはありますので、聞き流しで英語が修得できなくても心配することはないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です