日常会話とビジネス英会話

ビジネス会話で、さらに英語というと、改まってしまうかもしれません。しかし中身をよく見ると、ビジネスの場でも日常会話でも、型となる英文の構造はほとんど同じです。「Is that OK?」と言うと、何となくくだけた表現にも聞こえますが、自分の行動を相手に確認する時にはよく使われる表現です。「May I have~(~をください)」や、会話のクッションとしての「Do you remember~(~を覚えていますか?)」もビジネスの場面でよく使われます。

ビジネス英会話で心掛けるのは「失礼になりすぎない言葉を選ぶ」ということです。もちろん日常会話で使っているような英文も多いのですが、問題は「言い方を工夫する」ということです。例えば、目上の相手が作った書類にミスがあったとします。日本人同士であれば、「これは正しいですか?」と聞くと思いますし、「あなたのミスです、間違っていますよ」と頭ごなしに言うと、当然ながら相手も良い気分はしないでしょう。これは英語でも同じです。英語の初心者は、「英語」を伝えることを優先して「Yu made a mistake~」といった文章を作りがちですが、まずはその表現が失礼に当たらないかをよく考えてみてください。正しく英語を伝えることと、角を立てないことが大切です。どうしても伝え方が分からないと迷った時は、「There is a problem with~」で、「~のことで困っています」という言い方をするのが、どんな場面でも無難でしょう。

地域や業界にもよるので一概に言えない部分もあるのですが、「外国人相手だからと何でも言っていい」とするのは止めましょう。特にビジネスの場面では、角が立ったことで自分に不利な状況に立たされてしまうこともあるのです。少し工夫するだけでスムーズなビジネス会話ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です