プレイボーイ撃退法

これは、相手がプレイボーイなんだから、当然若い女性の場合に起こるととだと思うけれども、やはりむこうでは、そういうことがよくある。

べつにプレイボーイでなくても、あなたが女性であり、しかも魅力的であることに対してのエチケットみたいな感じで声をかける人もいるけれど。
でも、こういうのも、あなたが遊ぶつもりならべつにああしなさい、こうしなさいというととはいえないけれども、ぜんぜんその気がないのなら、やはりめいわくだから、英会話のお勉強も踏まえて撃退法も考えておいたほうがいいかもしれない
よくあるのは、ホテルのロビーなんかですわっていると、「いっしょにお食事しませんか」
とかいって声をかけてくる。それはむこうは、口がうまい。日本式の誘われかたにいくらなれ
ていても、ぜんぜん感じがちがう。ついその気になるくらいロがうまい。
たいていは、すぐには誘わないで、いっしょにすわっていろいろ世間パナシなんかをする。
あなたの英語はぺラペラだとかなんとかいろんなことをいう。そうなるとまず赤色ランプの危
険信号だと思っていい。そろそろ、誘ってくるぞと思っていると、やはり、
How about something to eat ?(何か食事でもいかがですか)
ときた。こちらにその気がなければすぐことわってしまう。
I’ve just eaten.(たったいますませたところです)なんてにべもない感じでいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です