アジアで話される英語に関心を持つことが大切

英語の多種多様性を学ぶのには、アジアで使われている英語について調べてみるのがいいと言われています。 国によって、英語を使うようになった背景が違い、アジアで英語が使われている国も多いのです。 それらを理解できれば、国だけではなく、都市や民族の生活や歴史的な背景などが見えてくるでしょう。 また、これらを考えることによって、アジアと日本を回顧するチャンスにもなるのです。

しかし、日本の英語教育の現実は、西洋を意識し過ぎているかも知れません。 もちろん、西洋を意識した学習が良くない事ではありません。 しかし広くない範囲での思考によって、アジア文化に対する印象や視野が狭くなってしまう可能性があります。 アイデンティティーを重要に考えなければいけないのに、今の日本では、狭い視野での学習が、これを軽視している可能性があるのです。 まだまだアジア人に対して軽視や軽蔑する考え方の人が多いかも知れません。 アジア諸国の人とのコミュニケーションが、これからより一層、増える可能性があるのに、我が国がアジアの仲間であることを忘れてしまってはいけません。 良い関係構築を構築する為には、もっとアジア諸国に目を向け、日本もその一員であることを、きちんと自覚する必要があると思います。

アジア英語を学ぶことで、日本はアジアの中にいることを回顧する足がかりとなるかも知れません。 ですから日本人がアジア英語を学ぶと、習得できることは、とても多いと思います。 もちろん、高いレベルの英会話能力を得る為には、英語を公用語としている国から学ぶ必要はあります。 英会話スキルが高くなり、余裕が出てきたら、その国の訛りも覚えると面白いかも知れません。 それなりの英語能力がある方は、積極的にアジア各国の人々とコミュニーションを取るようにしてみましょう。